検査・診断Matrix   ご利用の前に  利用方法  検体略号  参考資料
会員
ログイン
新規
会員登録
会員登録について][登録情報
 HOME > 検査項目解説

検査項目解説

検査名 ドーパ/ジヒドロキシフェニルアラニン
英検査名 3,4-Dihydroxyphenylalanine/DOPA
検体基準範囲 蓄尿:30~340μg/day
ドーパは酸化されやすいので、検体は冷暗所で24時間酸性蓄尿し、速やかに測定するか、凍結保存する。
測定法 HPLC
基準範囲出典 臨床検査項目辞典,医歯薬出版
解説 DOPAはカテコールアミンとメラニン生合成の前駆物質で、交感神経終末や副腎髄で産生され、カテコールアミンと共に血中に放出され尿中に排泄される。このため、尿中DOPAの測定はカテコールアミン産生過剰をきたす神経芽細胞腫や褐色細胞腫の診断に有用である。血中DOPA測定はParkinson病治療薬L-ドーパのモニタリングとして行われる。また、褐色細胞腫や神経芽細胞腫が疑われる場合はバニールマンデル酸、メタネフリンを測定する。
高値(尿):悪性黒色腫、褐色細胞腫、神経芽細胞腫
低値(尿):Parkinson病

会員の方は、ログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みでない方は[新規登録]ボタンからご登録をお願いいたします。

新規登録 ログイン
上へ

HOME

下へ