検査・診断Matrix   ご利用の前に  利用方法  検体略号  参考資料
会員
ログイン
新規
会員登録
会員登録について][登録情報
 HOME > 検査項目解説

検査項目解説

検査名 脳性Na利尿ペプチド
英検査名 Brain Natriuretic Peptide/BNP
検体基準範囲 血漿:18.4pg/mL以下
尿
検体はEDTA-2Na+アプロチニン入り採血管で採血し、冷却遠心して血漿を分離する。血漿は凍結保存する。採血は早朝空腹時(絶飲食)に、30分間の安静臥位で行う。
測定法 CLEIA
基準範囲出典 SRL
1.伊藤 洋子 他:医学と薬学 64(6):931-939,2010
2.辻野 元祥 他:日本臨牀 68(増7):619-621,2010
3.Krishnaswamy P, Lubien E, Clopton P, et al: Utility of B-natriuretic peptide as a rapid, point-of-care test for screening patients undergoing echocardiography to determine left ventricular dysfunction. Am J Med 2001;111(4):274-279
4.McNairy M, Gardetto N, Clopton P, et al: Stability of B-type natriuretic peptide levels during exercise in patients with congestive heart failure: implications for outpatient monitoring with B-type natriuretic peptide. Am Heart J 2002 March;143(3):406-411
5.Redfield MM, Rodeheffer RJ, Mahoney DW, et al: What is a normal BNP? - a community-based study employing two assays for measurement of BNP. J Card Fail 2001 September;7(3):30
6.Yancy CW, Jessup M, Bozkurt B, et al. 2013 ACCF/AHA guideline for the management of heart failure: a report of the American College of Cardiology Foundation/American Heart Association Task Force on practice guidelines. Circulation. 2013;128(16):e240-e327. PMID: 23741058 www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23741058.
7.Zile MR, Little WC. Heart failure with a preserved ejection fraction. In: Mann DL, Zipes DP, Libby P, Bonow RO, Braunwald E, eds. Braunwald's Heart Disease: A Textbook of Cardiovascular Medicine. 10th ed. Philadelphia, PA: Elsevier Saunders; 2015:chap 27.
解説 BNPは心室から分泌されるホルモンで、強力な水・Na利尿作用、血管弛緩作用、交感神経系とレニン・アンジオテンシン系の抑制作用、心不全の病態改善作用などがある。健常者の血中濃度は極めて低値であるが、心筋虚血、心筋肥大や心負荷により産生量が増え血中濃度は高値となる。臨床的には心室負荷を表す指標として有用であり、心不全特に慢性心不全の重症度評価、治療効果判定や経過観察に用いる。臨床的にはANPと同時に測定されるが、重症心不全ではANP濃度をはるかに超えて上昇する。このため心不全の指標としてはANPよりも優れている。
高値(血漿):急性心筋梗塞、非閉塞性肥大型心筋症、閉塞性肥大型心筋症、肥大型心筋症、心筋症、うっ血性心不全、心肥大、本態性高血圧症、慢性心不全、慢性腎不全 高値(尿):糖尿病、糸球体疾患、慢性腎不全、結合組織病

会員の方は、ログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みでない方は[新規登録]ボタンからご登録をお願いいたします。

新規登録 ログイン
上へ

HOME

下へ