検査・診断Matrix   ご利用の前に  利用方法  検体略号  参考資料
会員
ログイン
新規
会員登録
会員登録について][登録情報
 HOME > 検査項目解説

検査項目解説

検査名 副甲状腺ホルモン関連蛋白
英検査名 Parathyroid Hormone-Related Peptide/Parathyroid Hormone-Related Protein
検体基準範囲 血漿:1.1pmol/L以下
EDTA-2Na入りポリスピッツ管で採血し、速やかに測定するか、凍結保存する。
測定法 RIA2固相法
基準範囲出典 SRL
1.福本 誠二 他:ホルモンと臨床 40(12):1309-1314,1992
2.福永 仁夫:ホルモンと臨床 41(7):685-689,1993
3.Burtis WJ: Parathyroid hormone-related protein: structure, function and measurement. Clin Chem 1992;38(11):2171-2183
4.Wysolmerski JJ, Stewart AF: The physiology of parathyroid hormone-related protein: an emerging role as a developmental factor. Annu Rev Physiol 1998;60:431-460
5.Guise TA, Mundy GR: Cancer and bone. Endocr Rev, 1998;19(1):18-54
6.Clemens TL, Cormier S, Eichinger A, et al: Parathyroid hormone-related protein and its receptors: nuclear functions and roles in the renal and cardiovascular systems, the placental trophoblasts and the pancreatic islets. Br J Pharmacol 2001;134(6):1113-1136
7.Jacobs TP, Bilezikian JP: Clinical Review: Rare causes of hypercalcemia. J Clin Endocrinol Metab 2005;90(11):6316-6322
8.Wu TJ, Lin CL, Taylor RL, et al: Increased parathyroid hormone-related peptide in patients with hypercalcemia associated with islet cell carcinoma. Mayo Clin Proc 1997;72(12):1111-1115
解説 悪性腫瘍の随伴症候群の一つに高Ca血症があるが、この症候群は腫瘍細胞が産生する液性因子が骨や腎に作用して引き起こされ、humoral hypercalcemia of malignancy(HHM)と呼ばれている。副甲状腺ホルモン関連蛋白はHHMとして同定された液性因子でサイトカインの一種である。臨床的には悪性腫瘍に高Ca血症が合併した場合に、確定診断と経過観察の目的で測定される。
高値(血漿):悪性腫瘍随伴性高Ca血症、肝細胞癌、膵癌、乳癌、膀胱癌、B細胞性リンパ腫、T細胞性白血病、白血病、褐色細胞腫、授乳中

会員の方は、ログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みでない方は[新規登録]ボタンからご登録をお願いいたします。

新規登録 ログイン
上へ

HOME

下へ