検査・診断Matrix   ご利用の前に  利用方法  検体略号  参考資料
会員
ログイン
新規
会員登録
会員登録について][登録情報
 HOME > 検査項目解説

検査項目解説

検査名 血小板
英検査名 Platelets/Platelet
検体基準範囲 血液:男性(13.1~36.2×10*4/μL)、女性(13.0~36.9×10*4/μL)
EDTA加血液を検体とし、5時間以内に測定する。
測定法 自動化法
基準範囲出典 SRL
臨床検査項目辞典,医歯薬出版
臨床検査データブック,医学書院
1.Johnson M, Samuels C, Jozsa N, Gorney K: Three-way evaluation of high-throughput hematology analyzers-Beckman Coulter LH750, Abbott Cell-Dyn 4000, and Sysmex XE2100. Lab Hematol 2002;8:230-238
2.Klee G: Decision rules for accelerated hematology laboratory investigation. University of Minnesota 1974;thesis (PhD)
3.McKenzie SB: Textbook of Hematology. Lea and Febiger, Philadelphia 1988
4.Orkin SH, Fisher DE, Ginsburg D, et al: Nathan and Oski’s Hematology and Oncology of Infancy and Childhood. Edited by ST Orkin, DE Fisher, AT Look, et al. WB Saunders Co, Philadelphia, 1981
5.Cantor AB. Thrombocytopoiesis. In: Hoffman R, Benz EJ Jr, Silberstein LE, Heslop HE, Weitz JI, Anastasi J, eds. Hematology: Basic Principles and Practice. 6th ed. Philadelphia, PA: Elsevier Saunders; 2012:chap 26.
6.Miller JL, Rao AK. Blood platelets and von Willebrand disease. In: McPherson RA, Pincus MR, eds. Henry's Clinical Diagnosis and Management by Laboratory Methods. 22nd ed. Philadelphia, PA: Elsevier Saunders; 2011:chap 40.
解説 健常人の血小板数は14〜38万/μLで日差変動も3〜5万/μLある。血小板数が10万以下を減少、40万以上は増加と考えるが、臨床的に問題となるのは10万以下、65万以上であり、この値を見たら減少、増加の原因を明らかにする必要がある。臨床的には血小板の量的な増減と質的な機能異常を見るためのトリガーとして利用する。血小板数が基準範囲内もしくは軽度の減少にもかかわらず、出血時間の延長を見た場合は機能異常を考える。
高値(血液):肺結核、髄膜炎菌性髄膜炎、敗血症、胃癌、直腸癌、肝癌、肺癌、子宮頸癌、卵巣癌、悪性腫瘍、転移性悪性腫瘍、ホジキンリンパ腫、急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、原発性骨髄線維症、真性赤血球増加症、本態性血小板血症、2型糖尿病、鉄欠乏性貧血、サラセミア、鎌形赤血球症、溶血性尿毒症症候群、骨髄線維症、本態性高血圧症、肺塞栓症、感染性心内膜炎、川崎病、Wegener肉芽腫症、Crohn病、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全、子癇前症、関節リウマチ、炎症性疾患、挫滅症候群、熱傷、骨髄移植
低値(血液):EDTAによる偽性血小板減少症、ヘパリン起因性血小板減少症、Glanzmann血小板減少症、二次性性血小板減少症、本態性血小板減少症、ITP、無顆粒球症、骨髄線維症、急性リンパ性白血病、慢性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、単急性白血病、赤白血病、ビタミンB6欠乏性貧血、血栓性血小板減少性紫斑病、巨赤芽球性貧血、悪性貧血、再生不良性貧血、ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫、多発性骨髄腫、特発性血小板減少性紫斑病、播種性血管内凝固症候群、溶血性尿毒症症候群、発作性夜間ヘモグロビン尿症、AIDS,HIV-1感染症、水痘、単純ヘルペス感染症、風疹、慢性C型肝炎、ウイルス感染症、サイトメガロウイルス感染症、発疹チフス、腎障害性出血熱、Sabiaウイルス感染症、デング熱、ロッキー山紅斑熱、マラリア、バルトネラ症、レプラ、ヒストプラスマ症、粟粒結核、敗血症、糞線虫症、サルコイドーシス、肝細胞癌、アルコール性肝障害、肝硬変、慢性肝炎、肝線維症、原発性胆汁性肝硬変、肝不全、急性腎障害、乾性腎不全、子癇前症、SLE、肺癌、転移性悪性腫瘍、免疫細胞腫、脾腫、Gaucher病、Niemann-Pick病、H鎖病、マクログロブリン血症、鉄欠乏性貧血、葉酸欠乏症、サラセミア、鎌形赤血球症、ヘモグロビンC症、HELLP症候群、アルコール依存症、神経性食欲不振症、うつ病、心内膜炎、川崎病、、熱傷、薬剤性骨髄抑制

会員の方は、ログインしてご覧ください。
会員登録がまだお済みでない方は[新規登録]ボタンからご登録をお願いいたします。

新規登録 ログイン
上へ

HOME

下へ