検査・診断Matrix   ご利用の前に  利用方法  検体略号  参考資料
会員
ログイン
新規
会員登録
会員登録について][登録情報
 HOME > パニック値

パニック値

検査分野
血液検査
検査項目 略語 年齢 パニック値
:以下
パニック値
:以上
基準値 単位 測定法
ヘモグロビン Hb   5.0 20.0 男性:14~18
女性:12~16
g/dL 自動血球計測器
ヘモグロビン Hb 7週以下 6.0 23.0 男児:9.0~13.5
女児:9.0~13.5
g/dL 自動血球計測器
ヘマトクリット Ht,Hct   20.0 60.0 男性:40~52
女性:34~45
自動血球計測器
ヘマトクリット Ht,Hct 新生児 33.0 71.0 男児:30.0~42.4
女児:30.0~41.6
自動血球計測器
白血球数 WBC   1500 20000 3700~9400 /μL 自動血球計測器
白血球数 WBC 新生児 5000 25000 4400~19100 /μL 自動血球計測器
好中球数 Neutro   500   WBC数×(Stab+Seg)/100 /μL 全自動血液分析装置
血小板数 Plt   5 60 14~38 ×10⁴/μL 自動血球計測器
血小板数 Plt 新生児 20 100 22~76 ×10⁴/μL 自動血球計測器
検査分野
末梢血液像
検査項目 測定法
骨髄芽球の出現 鏡検法
赤芽球の出現 鏡検法
マラリア原虫の存在 鏡検法
ミクロフィラリアの存在 鏡検法
検査分野
凝固検査
検査項目 略語 年齢 パニック値
:以下
パニック値
:以上
基準値 単位 測定法
フィブリノゲン Fbg   50   150~400 mg/dL トロンビン時間法
プロトロンビン時間 PT     30 10~12 Quick一段法
プロトロンビン時間 PT     3.0 1±0.1 INR Quick一段法
活性化部分
トロンボプラスチン時間
APTT     100.0 27.1~40.9 Langdell法
アンチトロンビンIII ATIII   30   80~130 %(活性値) 発色性合成基質法
アンチトロンビンIII ATIII   5   15~31 mg/dL(抗原量) EIA
検査分野
生化学検査
検査項目 略語 年齢 パニック値
:以下
パニック値
:以上
基準値 単位 測定法
総蛋白 TP   3.5 10.0 6.8~8.3 g/dL Biuret法
アルブミン ALB,Alb   1.5   3.8~5.3 g/dL BCG
アンモニア NH3     400 30~80 μg/dL 奥田・藤田変法
アルカリ
フォスファターゼ
ALP     1500 115~359 U/L JSCC標準化対応法
アミラーゼ AMY     400 60~190 U/L 酵素法
(基質Et-G7-PNP)
リパーゼ       700 11~53 U/L 酵素法
アスパラギン酸
アミノトランスフェラーゼ
AST(GOT)     1000 13~33 U/L JSCC標準化対応法
アラニンアミノ
トランスフェラーゼ
ALT(GPT)     1000 男性:8~42
女性:6~27
U/L JSCC標準化対応法
クレアチンキナーゼ CK     1000 男性:30~190
女性:20~150
IU/L UV
CK-MB CK-MB     10 5 ng/mL以下 CLIA
乳酸デヒドロゲナーゼ LD,LDH     1000 200~400 IU/L JSCC標準化対応法
コリンエステラーゼ ChE   40   200~495 IU/lL JSCC標準化対応法
心筋トロポニンⅠ cTnI     0.3 0.009 ng/mL以下 IEMA
総ビリルビン T-Bil,TB 新生児   15.0 0.4~3.2 mg/dL 酵素法
クレアチニン Cr     3.00 男性:0.65~1.09
女性:0.46~0.82
mg/dL 酵素法
尿酸 UA     男性:12.0
女性:10.0
男性:3.0~7.7
女性:2.0~5.5
mg/dL 酵素法
尿酸 UA 新生児   13.0 2.0~5.6 mg/dL 酵素法
尿素窒素 UN,BUN     80 8~20 mg/dL 酵素法
グルコース Glu,BS   50 500 70~109(空腹時) mg/dL 酵素法
グルコース Glu,BS 4週以下 40     mg/dL 酵素法
トリグリセリド TG     1000 50~150 mg/dL 酵素法
検査項目 略語 年齢 パニック値
:以下
パニック値
:以上
基準値 単位 測定法
ナトリウム Na   120 160 135~147 mEq/L 電極法
カリウム K   2.5 6.0 3.6~5.0 mEq/L 電極法
カリウム K 新生児 2.6 7.0 4.2~5.9 mEq/L 電極法
カリウム K 乳幼児 2.6 5.8 3.6~4.7 mEq/L 電極法
クロール Cl   80 120 98~108 mEq/L 電極法
マグネシウム Mg   1.0 5.0 1.7~2.6 mg/dL キシリジルブルー法
カルシウム Ca   6.0 12.0 8.2~10.0 mg/dL o-CPC
イオン化カルシウム Ca++   3.0 6.5 2.24~2.58 mEq/L イオン電極法
無機リン IP,P   1.5 9.0 2.5~4.5 mg/dL 比色法
血清鉄 Fe     350 男性:44~192
女性:29~164
μg/dL BPT法
血漿浸透圧 Sosm,Osm   255 330 280~290 mOsm/L 氷点降下法
血清浸透圧 Sosm,Osm   255 330 270~295 mOsm/L 氷点降下法
動脈血Co2分圧 Paco,Pco2   20 急性:51
慢性:71
35~45 Toor ガラス電極法
動脈血O2分圧 Pao,Po2   急性:49
慢性:39
  臥位:
 Po2=100.0-0.4×年齢
座位:
 Po2=100.0-0.3×年齢
Toor ガラス電極法
動脈血pH pH   7.10 7.60 7.35~7.45 pH ガラス電極法
血漿HCO3-濃度 HCO3-   9 41 22~26 mmol/L Ilenderson-Hasselbalch
の式から計算
アニオンギャップ AG     30 10~14 mEq/L AG=Na-Cl-HCO3
エタノール       3 0.1未満 mg/mL GC
乳酸       45.0 4.0~16.0 mg/dL 酵素法
遊離サイロキシン Free T4 50歳以上   7.8 0.7~1.5 ng/dL CLIA
遊離サイロキシン Free T4 50歳以下   6.0 0.7~1.5 ng/dL CLIA
検査分野
炎症マーカー
検査項目 略語 年齢 パニック値
:以下
パニック値
:以上
基準値 単位 測定法
C反応性蛋白 CRP     10.00 0.2以下 mg/dL ネフェロメトリー
検査分野
脳脊髄液検査
検査項目 略語 年齢 パニック値
:以下
パニック値
:以上
基準値 単位 測定法
細胞数       30 0~5 /μL 計算盤法
好中球数       10 細胞数の2~3%以下 /μL 計算盤法
蛋白       50 4~48 mg/dL ピロガロールレッド法
グルコース     髄液糖/血液糖比:0.6   50~75 mg/dL 酵素法
悪性細胞の出現              
グラム染色、
培養、
墨汁標本陽性
             
検査分野
尿検査
検査項目 略語 年齢 パニック値
:以下
パニック値
:以上
基準値 単位 測定法
尿糖       強陽性 陰性   試験紙法
ケトン体       強陽性 陰性   試験紙法
結晶成分 シスチン、
ロイシン、
チロシン、
ビリルビンの存在
      出現しない   顕鏡法
検査分野
微生物検査
検体 細菌・ウイルス・真菌
血液・脳脊髄液・脳組織・羊水 全ての細菌・ウイルス・真菌
全ての検体から検出(細菌) 結核菌、コレラ菌、ジフテリア菌、赤痢菌、炭疽菌、腸管出血性大腸菌、腸チフス菌、パラチフス菌、ブルセラ属、ペスト菌、ボツリヌス菌、野兎病菌、Burkholderia pseudomallei、Coxiella burnetii
全ての検体から検出(ウイルス) エボラ出血熱ウイルス、クリミア・コンゴ出血熱ウイルス、天然痘ウイルス、痘そうウイルス、鳥インフルエンザウイルス(H5N1、H7N9)、ポリオウイルス、ラッサ熱ウイルス、マールブルグ出血熱ウイルス、SARSコロナウイルス
全ての検体から検出(真菌) ブラストミセス属、コクシジオイデス属、クリプトコッカス・ネオフォルマンス、ニューモシスチス・イロベチイ、Histoplasma capsulatum、Cryptococcus gattii
新生児(1ヶ月以下)の検体から検出 単純ヘルペスウイルス、百日咳菌
大腸菌O-157抗原スクリーニング陽性  
検査分野
輸血検査
検体
臍帯血・新生児直接クームス試験陽性
赤血球不規則抗体の出現
不適合輸血を示唆する輸血反応
上へ

HOME

下へ